3 Replies Latest reply on Nov 25, 2019 12:18 AM by Shinichiro Takabe

    Tableau Server Qualified Associateの試験について

    Shinichiro Takabe

      Serverの初歩的な試験である「Tableau Server Qualified Associate」を受験したいと思います。

       

      認定資格 | Tableau Software

      リンクのサイトについても認識していて公式の講習の受講も検討していますが、時間的な制約があるため参考書やサイトがあればそちらをつかって勉強したいと考えています。

      過去受験された方で情報あれば大変お手数ですが、共有いただけると助かります。
      よろしくお願いします。

        • 2. Re: Tableau Server Qualified Associateの試験について
          Yuri Goto

          Tableau Desktop関連のCertificateはまだ情報があるほうですが、Tableau Server関連になると途端に情報が著しく減ってしまいますよね・・(特に日本語)

           

          今年の夏に受験し、合格しましたのでどう対策できるかを少しお伝えできればと思います。

          業務でお忙しいと思いますが、少しでも独学のご参考になれば幸いです。

           

           

          • Tableau公式のServer Architectureを受講する
            • クラスルームトレーニング - Server Architecture | Tableau Software
            • Server Certified Associateを受講するにあたって、Server Architectureのクラスは推奨トレーニングに含まれていないのですが、こちらも是非受講しておいたほうが良いです。各プロセス群の役割と名称、機能など、アーキテクチャについて徹底的に学べますし、トラブルシューティングもシナリオにそってたくさん実施します。当日のServer Certified Associate試験では相当数のトラブルシューティング関連の問題が出るので、一通り実際に手を動かせるのはやってよかったと思います。(実運用でServerを管理されていると、出くわす問題と初見の問題があると思うので)

           

          • Tableau公式のDesktop関連のトレーニングを受講する
            • 初級(Fundamental)、中級(Intermediate)、上級(Advanced)の3つのトレーニングがありますが、初級は最低限カバーされると良いと思います。Server側の運用だけでなく、ダッシュボードに関するパフォーマンスの質問も出たりするので、ダッシュボード構築時にはどんな操作になるのか、が把握できていると安心です。クラスルームトレーニングが難しければ、こちらはe Learningでも良いと思います。

           

          上記はトレーニング関連ですが、次はオンライン上のリソースについてです。

           

          • Server構築におけるOnlinehelpを熟読する
            • サーバー管理者の概要 - Tableau
            • Onlinehlep上のServerに関連する部分は全て読むくらいの勢いで目を通しました。普段Server管理されているようでしたら、ご存知の内容が多いと思います。試験中はGoogleで検索できるので、少なくともどこのページに何が書いてあったかをざっくりと頭の片隅に覚えておきましたら、スムーズに検索できると思います。
            • 特に、私が受験した際に重点的に出た項目は以下でした。
              • インストール要件(最低要件、推奨要件、実稼働推奨要件など)
              • アップグレード関連
              • 各プロセス群について
              • 各種API
              • tabcmdのコマンド
              • AD関連
              • プロジェクトやコンテンツのパーミッション

           

          当日受験の時には、以下の点に気を配りました。

           

          • 仮想環境に慣れる
            • 当日の試験は、自分のPCのブラウザ内の仮想環境で行われます。ネットワークの速度にもよりますが、少し動作がもっさり感じることもありました。特にブラウザで何か検索したいときにはキーボード入力しているとすごく遅かったので、問題文をコピペで検索窓に張り付けて対処していました。
            • 各問題の切り替えにも時間がかかると致命傷なので、ネットワーク速度は十分に事前確認してから受験されることをおすすめします。
            • Tableau Serverは最初停止状態なので、テストがはじまったらまずは再起動するところからでした。

           

          • 分からない問題はフラグを付ける
            • 問題が80問ありますが、かなりギリギリだったので、その場で分からない問題はフラグを付けてスキップし、分かる問題からどんどん解いていきました。最後に余った時間で分からない問題に戻り、検索するなり再検討するなりして答えをひねり出しました。

           

          • プロクターは味方と思って乗り切る
            • 当日は、試験の時間になってまずやることは環境のセットアップになります。指示に従ってネットワークのレイテンシー確認などをした後に、インド人のプロクターとテレビ電話がつながります。そこから、「ちゃんと部屋に一人でいますか?」「PC電源はコンセントにささってますか?」など聞かれるのですが、インド英語なのでかなり聞き取りにくいです・・・苦手意識があるとこの環境セットアップだけでかなり嫌な思いをしてしまいそうですが、プロクターも自分の味方と思ってなんとか乗り越えました。環境セットアップはだいたい30分くらいかかります。それから、試験がはじまります。

           

          以上です。

          ご質問いただいてから時間があいてしまいましたが、もし追加でお聞きになりたいことがあればお知らせください!

          2 of 2 people found this helpful
          • 3. Re: Tableau Server Qualified Associateの試験について
            Shinichiro Takabe

            こちらこそ、ご多忙のところ、ご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。