2 Replies Latest reply on Dec 14, 2018 7:16 AM by Shinichiro Murakami

    相関係数を算出し、動的に棒グラフを降順に並べ替えるする方法について

    Hiroyuki Yamada

      添付の.twbxのファイルについて

      D01とD02の相関係数は下記の<D01とD02の相関係数のイメージ図>のとおり

      計算式をつくり、新たなメジャーの項目を作成後、それを

      「列」または「行」にもっていき棒グラフを作成することで

      相関係数を把握できることはわかりました。

       

      ただ、下記①~②について、わからないので教えていただけますでしょうか。

      ※②が一番知りたい質問事項です

       

      ①「D01」と「D02~D14」の各項目の相関係数を算出するためには

       上記のような計算式をそれぞれの項目について作成するしかないでしょうか。

       何か簡単な作成方法があり、かつ、

       「D01」⇔「D02~D14」との相関係数の降順に棒グラフを並べ替えることは可能でしょうか。

       

      ある項目(例:D02)と左記のある項目以外の項目(例:D01とD03~D14)の

       相関係数を、添付の.twbxのファイルを参考に

       X-Axisのフィルターで指定した項目(例:D02を指定)

       ⇔

       X-Axisのフィルターで指定した以外の項目(例:D01とD03~D14)

       のそれぞれの項目の相関係数の降順に棒グラフを並べ替えることは可能でしょうか。

       ※指定した項目とそれ以外の項目について動的に相関係数が降順に並び変わるのを簡単に分析したいです

       ※<ある項目とある項目の相関係数のイメージ図>の計算式ではY-AxisがX-Axisで指定した以外のすべての項目ではなく

        一つの項目に特定されてしまうので、X-Axisで指定した以外のすべての項目のように指定する計算式の作成の仕方も

        わからず困っています

       

      何卒、よろしくお願いいたします。

       

      <D01とD02の相関係数のイメージ図>

      D01とD02の相関係数.png

      <ある項目とある項目の相関係数のイメージ図>

      ある項目とある項目の相関係数.png