4 Replies Latest reply on Dec 2, 2018 3:22 AM by LM Seven

    差額計算の方法

    takeshi ichizawa

      使い方に不慣れで恐縮です。

      下記のような表で大分類別に年度間の差額を計算したいのですが、どの様にしたらよいのでしょうか?

       

        • 1. Re: 差額計算の方法
          Shinichiro Murakami

          多分スペースが生じる最終レイアウトは気に入らないと思いますが、以下の通りです。

          2018年度のスペースをなくすのには100倍くらい手間がかかります。

          ひとまず出来ないと思ってもらっておいた方がいいかもしれないです。

           

           

           

           

           

           

           

          Thanks,

          Shin

          1 of 1 people found this helpful
          • 2. Re: 差額計算の方法
            LM Seven

            どうもLM-7です。

             

            うん? 100倍も難しくないのでは?

             

            1.[売上年月]の作成→カスタムの日付から年(日付部分)を作成します。

             

            2. 計算フィールドで[2018売上]と[2019売上]を作成します。

             

            # ちなみにここでカスタム日付を使わずYear()を使っちゃうと年度で取得できません。年度で取得するためにカスタム日付を利用します。

             

            3. さらに2018年と2019年の[差]を作成します。

             

            4. 次のように配置します。

             

             

            注意点として、Tableauで会計年度を使うと1年ずれます。必要に応じて補正をしてください。

            https://kb.tableau.com/articles/issue/unable-to-modify-the-fiscal-year-displayed?lang=ja-jp

            またideaへの投票もお願いします。

            https://community.tableau.com/ideas/4997

             

            また、このサンプルは2018年度と2019年度決めうちになっていますが、

            継続的に利用するのであれば、日付のパラメータなどに応じてDateDiffなどで動的に年度を決定するように構成する必要があります。

             

            ああ、そうか。

            ラベルは「当年度」「前年度」のように相対的な記述にしなくてはなりません。

            また、そもそも年度がいっぱいあると一つ一つ作ってられないので、Shinさん提示の方法にするしかありません。

            そのへんはニーズに応じて方法を選択いただければと思います。

            • 3. Re: 差額計算の方法
              Shinichiro Murakami

              う~ん、手抜き解答許してもらえずか。。(10倍にしときゃ良かったな)

              フォーラムのレベルが上がっている証左としては喜ばしい。

               

              がしかし、ひとつ指摘せねばなるまい。

               

              上記で基本的には良いのですが、「差」は、片方の年度に数字がないと、差として認識しないので、

              こちらがベター。

               

               

               

              年度は、おそらく理解されているとは思いますが、今はこうなってます。

              一年ずれるなら、フィールド名をずらしましょうってことになります。これはホントに早く機能追加してほしい。。

               

              Shin

              2 of 2 people found this helpful
              • 4. Re: 差額計算の方法
                LM Seven

                なるほど、NULL値になっておりましたか。

                どういうときにZN関数を使わないとだめなのか対処療法的にしか把握していないので勉強になりました。

                差はNG。覚えた!

                 

                # 年度のズレは対応されないのも問題ですが、周知が全くなされていないのも問題。