9 Replies Latest reply on Jan 21, 2019 3:21 PM by Shinichiro Murakami

    アンケート結果の年度毎の変遷について

    Hiroyuki Yamada

      添付のエクセルシートの情報を使用し、Tableauで以下のような<イメージ図>を作成したい。

      どのようにしたらよいか教えていただけたら幸いです。

       

      ・<イメージ図>のとおりQ1とQ2の点数の関係性について年度毎の変化について図示したい

      ・各集計単位について別々の縦軸、横軸を使用するのではなく

       同じ縦軸、横軸を使用し、以下の<イメージ図>のとおり1つの図として表したい。

       

      <イメージ図>

      イメージ図.png

        • 1. Re: アンケート結果の年度毎の変遷について
          LM Seven

          どうもLM-7です。

           

          ポイントを書くと、

          ・二重軸にして片方のマークタイプは円に、もう一方のマークタイプはラインにします。

          ・二重軸は両方共「ゼロを含める」のチェックを外し、さらに同期させておきます。

          ・円の方は[年度]をサイズに入れて、2016を小さく、2017を大きくします。

          ・ラインの方は[年度]をパスに入れて線をつなぎます。

          ・[集計単位]を色に入れて色付けします。

          ・矢印にはできません。

           

           

           

          丸を書くのと、線を引くことがそれぞれできるのなら後はそれを二重軸にするだけです。

          どの程度まで回答は簡略化して書いても大丈夫なんだろう?ということで箇条書きにしてみました。

          • 2. Re: アンケート結果の年度毎の変遷について
            Shinichiro Murakami

            矢印にはできないんですけど、こうすれば少しわかりやすいかも?

            矢印的には反対にみえる恐れもあることはあるのですが。。

             

            Thanks,

            Shin

            • 3. Re: アンケート結果の年度毎の変遷について
              LM Seven

              そうですね。

              パスの太さを変えるだけではなく、

              最新を濃く、古くなるほど薄くするなどの表現がよく見られますね。

               

                  サイズ  色          ラベル

              古い            小          薄              無

              新しい      大          濃              有

               

              そのあたりはいろいろ工夫していただければと思います。

              あーページで履歴付きでアニメーションさせて止めておいてもいいのかも。

              • 4. Re: アンケート結果の年度毎の変遷について
                Shinichiro Murakami

                PPT貼り付けなら、アニメーションのキャプチャーも効果を発揮することがありますね。

                 

                Shin

                • 5. Re: アンケート結果の年度毎の変遷について
                  Hiroyuki Yamada

                  LM SEVEN様、Shinichiro Murakami様

                   

                  ご回答ありがとうございます。

                  大変助かっております。

                   

                  当件について、追加で質問があります。

                   

                  回答いただいている

                  2018-10-30.twbxまたはscatter_fat_thin_SM_10.5.twbxについて下記のとおり追加で質問があります。

                  ★データソースを変えても2018-10-30.twbxのシート1またはscatter_fat_thin_SM_10.5.twbxのSheet1のようなものを

                   作成できるかの質問となります

                  ★ある割合(%)を数値のように扱い2018-10-30.twbxのシート1またはscatter_fat_thin_SM_10.5.twbxのSheet1のようなものを

                   作成できるかの質問となります

                   

                  2018年10月のときの質問と内容が異なるところは下記のaおよびa-①です。

                  ※a-②は補足として記載しています

                  a.20190110のファイル名から始まる添付のエクセルファイルをデータソースとして取り込み

                   ①ある2つのQのPositive(*1)の割合(%)をそれぞれ縦軸、横軸にしたいです。

                    ※縦軸:Min 0(%),Max 100(%)    横軸:Min 0(%),Max 100(%)

                   ②上記①で選択した2つのQにて、集計単位毎に縦軸、横軸が交わるところに丸を描きたいです。

                     

                   (*1)…1~2:positive  3:neutral  4~5:negative

                      (添付のエクセルファイルの1~5の数値についての意味)

                   

                   (イメージ)

                   手計算すると

                    添付資料の集計単位aaaaaの

                         年度FY16 の Q1のPositiveの割合は100(%)

                                Q8のPositiveの割合は 50(%)となる。

                                ⇒縦軸がQ1のPositiveの割合(%)で横軸がQ8のPositiveの割合(%)であった場合

                          縦軸の100(%)と横軸の50(%)の交点に

                          FY16のaaaaaの丸を表示させたい。

                          また、

                          縦軸、横軸をQ単位に変更させることができるようにさせ

                          ある集計単位の年度毎の丸の変遷もわかるようにさせたい。

                   

                  お手数をおかけし、大変申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

                  • 6. Re: アンケート結果の年度毎の変遷について
                    Hiroyuki Yamada

                    Shinichiro Murakami様、LM SEVEN様

                     

                    ご回答ありがとうございます。

                    大変助かっております。

                     

                    当件について、追加で質問があります。

                     

                    回答いただいている

                    scatter_fat_thin_SM_10.5.twbxまたは2018-10-30.twbxについて下記のとおり追加で質問があります。

                    ★データソースを変えてもscatter_fat_thin_SM_10.5.twbxのSheet1または2018-10-30.twbxのシート1のようなものを

                     作成できるかの質問となります

                    ★ある割合(%)を数値のように扱いscatter_fat_thin_SM_10.5.twbxのSheet1または2018-10-30.twbxのシート1のようなものを

                     作成できるかの質問となります

                     

                    2018年10月のときの質問と内容が異なるところは下記のaおよびa-①です。

                    ※a-②は補足として記載しています

                    a.20190110のファイル名から始まる添付のエクセルファイルをデータソースとして取り込み

                     ①ある2つのQのPositive(*1)の割合(%)をそれぞれ縦軸、横軸にしたいです。

                      ※縦軸:Min 0(%),Max 100(%)    横軸:Min 0(%),Max 100(%)

                     ②上記①で選択した2つのQにて、集計単位毎に縦軸、横軸が交わるところに丸を描きたいです。

                       

                     (*1)…1~2:positive  3:neutral  4~5:negative

                        (添付のエクセルファイルの1~5の数値についての意味)

                     

                     (イメージ)

                     手計算すると

                      添付資料の集計単位aaaaaの

                           年度FY16 の Q1のPositiveの割合は100(%)

                                  Q8のPositiveの割合は 50(%)となる。

                                  ⇒縦軸がQ1のPositiveの割合(%)で横軸がQ8のPositiveの割合(%)であった場合

                            縦軸の100(%)と横軸の50(%)の交点に

                            FY16のaaaaaの丸を表示させたい。

                            また、

                            縦軸、横軸をQ単位に変更させることができるようにさせ

                            ある集計単位の年度毎の丸の変遷もわかるようにさせたい。

                     

                    お手数をおかけし、大変申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

                    • 8. Re: アンケート結果の年度毎の変遷について
                      Hiroyuki Yamada

                      Shinichiro Murakami様

                       

                      ご回答ありがとうございます。

                       

                      あっており

                      大変助かっております。

                       

                      当件について、申し訳ないですが追加で下記の<質問>のとおり質問があります。

                      おそらくこの件についてはこれが最後の質問になると思います。

                       

                      <質問>

                      ①回答いただいているscatter_fat_thin_SM_10.5_v2.twbxについて

                       縦の棒グラフにしたものを質問1.twbxとして添付しています。

                       当添付資料について、FY18の降順に集計単位を並べ変えることはできますでしょうか?

                       (集計のピルを使用して並び替えができますでしょうか?)

                       

                      ②回答いただいているscatter_fat_thin_SM_10.5.twbxについて

                       データソースを添付の20190121_アンケート結果.xlsxにします。

                       そして、FY16、FY17、FY18の3年分を表示させた場合

                       涙型のようなかたちで年度の遷移が表示される部分について

                       FY16→FY18→FY17の順で作成されたりと

                       FY16→FY17→FY18の順で作成されないことがあります。

                       必ずFY16→FY17→FY18の順で作成することは可能でしょうか?

                       

                      ③回答いただいているscatter_fat_thin_SM_10.5_v2.twbxについて

                       データソースを添付の20190121_アンケート結果.xlsxにします。

                       データソースにて列が異なる、集計単位1、集計単位2、集計単位3の列を

                       同じレベルで同じ図表に表示することは可能でしょうか?

                       

                      ④回答いただいているscatter_fat_thin_SM_10.5_v2.twbxについて

                       データソースを添付の20190121_アンケート結果.xlsxにします。

                       FY17やFY18など、ひとつの年度を選択します。

                       

                        実施したいことは下記のa~eのとおりです。

                        実現可能かどうかを含め回答願いたいです。

                       

                       a.ある前年度が存在するひとつの年度を選択する。

                       b.パラメータコントロールにて

                        X-axis、Y-axisにそれぞれQ1等の項目を選択する。

                       c.それぞれの集計単位における

                        上記bにて選択したふたつの項目について

                        上記aにて選択した年度および

                        その前年度の合計値を計算する。

                       d.上記aにて選択した年度の合計値から

                        その前年度の合計値の差分を計算する。

                       e.上記dの差分の結果から下記ア~ウのようにある一定の値を基準に

                        図表に示す色を分ける。

                        ア ある一定の値以上

                         イ ある一定の値以下

                        ウ 上記ア、イの間

                       

                       例えば

                       a.年度についてFY18を選択する。 ※FY16は前年度がないため対象外

                       b.パラメータコントロールにて

                        X-axis、Y-axisにそれぞれQ1、Q2を選択する。

                       c.例えば集計単位aaaaaにおいて

                        上記bにて選択したQ1、Q2について

                        上記aにて選択したFY18と

                        その前年度のFY17の合計値を計算する。

                        (FY18のQ1のポイントが 1+3     ⅰ合計4

                            FY18のQ2のポイントが 1+3     ⅱ合計4

                              FY17のQ1のポイントが 1+2+2+5 ⅲ合計10

                            FY17のQ2のポイントが 2+2+2+2 ⅳ合計8)

                       d.(ⅰ+ⅱ)-(ⅲ+ⅳ)=-10(差分)

                       e.差分について下記のア~ウのとおり色分けをする。

                        ア +4以上であれば     青色

                          イ -4以下であれば     赤色

                        ウ +4未満かつ-4超であれば 緑色

                       

                      お手数をおかけし、大変申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

                      • 9. Re: アンケート結果の年度毎の変遷について
                        Shinichiro Murakami

                        ちょっと読むだけで負荷が大きすぎます。

                        要素を小分けにして、いくつかのポストに分けて頂けるでしょうか。

                        ちなみに、無償で業務委託ができるサイトではないので。

                         

                        Shin