2 Replies Latest reply on Oct 23, 2018 5:53 PM by Satoshi Hiruma

    アンケートの年度毎の数値の推移および前年度との数値の差異をTableauで表示する方法について

    Hiroyuki Yamada

      下記<Excel>は各行と各列にどのような数字等が入力されているかを記載しています。

      C列2行目からG列10行目までの各数値はあるアンケートの結果の数値です。

       

      この数値を用いてTableauにて以下の<イメージ図>のように

      各年度の集計単位毎の数値の推移および

      前年度との差を図表化したい。

       

      下記<Excel>を取り込み<イメージ図>のようにTableauで表示するのに

      何か良い方法があれば教えて欲しいです。

       

      <Excel>

                   A列    B列       C列    D列  E列     F列     G列  

      1行目  年度      集計単位    Q1     Q2    Q3      Q4      Q5  

      2行目  FY15     a        81         88       78    69        73 

      3行目  FY16     a                78         89       80      71        69

      4行目  FY17     a                76         85       78      67        70  

      5行目  FY15     b                71         74       80      81        79      

      6行目  FY16     b                79         87       90      82        84

      7行目  FY17     b             83         85       86       90       91

      8行目 FY15   c                76         77       78       79       80

      9行目 FY16   c                80         79       78       77       79

      10行目  FY17    c                78         77       89      79        80

       

      <イメージ図>

      イメージ図.png

        • 1. Re: アンケートの年度毎の数値の推移および前年度との数値の差異をTableauで表示する方法について
          LM Seven

          どうもLM-7です。

           

          Excelなどの添付ができるので、次回からはExcelファイルを添付ください。

           

          で、Q1からQ5があって、それらをどう使ってグラフを出すのかわからなかったので

          とりあえずQ1だけでやってみました。

           

          表計算という他の行と組み合わせた計算を使います。表計算には今回使う「差」の他にも「累計」や「移動平均」などがあります。

          どれも他の行との組み合わせで計算されることに注意してください。

           

          今回は簡易表計算と言われるプリセットを活用することにします。

           

          1.[集計単位][年度]を列に、[Q1]を2つ列に入れます。

           

          2.列に配置した2つ目のQ1ピルのドロップダウンメニューから簡易表計算>差を選択します。

           

          3.これで一見良さそうですが、FY15が前のペインからの差を出してしまっているので、

           同様に2つ目のQ1ピルのドロップダウンメニューから次を使用して計算>ペイン(横)に変更します。

           これにより表計算の範囲がペイン内の横方向に限定されます。

           

          これで上部にQ1の値、下部に前年からの差を表すことができます。

           

          一応、ピルのドロップダウンメニューから表計算の編集を見てみましょう。

           

          このダイアログにあるように、「前の値」との「差」を計算しており、

          その計算はペイン内を横に行っています。

          この指定によって、前年との差を表示することができます。

           

          ちなみに、「表計算」はTableauの中でも最難の機能です。

          次などを参考にぜひ勉強してください。

           

          表計算を使用して値を変換する

          • 2. Re: アンケートの年度毎の数値の推移および前年度との数値の差異をTableauで表示する方法について
            Satoshi Hiruma

            こんにちは!

             

            LM-7さんが全部回答してますが、アンケート等で設問がメジャーに沢山項目が出てしまう場合は

            ピボットが便利です。

             

             

            データソースでQ1~Q5を選択して右クリック⇒ピボットを選択

            001.png

             

            すると、設問と結果がそれぞれ1つの行にまとまるので

            適当な名前を付けます。今回は『設問』と『結果』に名前を変えています。

            02.png

             

            これをやっておけば、Vizを作るときもデータがまとまっていて便利だと思います。

            あとはLM-7さんと同じですが、全部一緒に出すことも可能です。

            ※簡易表計算⇒差(ペイン横)を使用

            03.png

             

            前年差異にプラス記号を表示させたい場合は書式設定⇒カスタムで以下のようにすればOKです。

            04.png

             

             

            参考になれば幸いです。