1 2 Previous Next 18 Replies Latest reply on Aug 9, 2018 8:04 AM by Yuichi Watanabe

    計算行の追加について

    kouroku56

      こんにちは、最近Tableauを使い始めた初心者です。

      計算行の作成で詰まっておりまして、どなたか教えていただけないでしょうか。

       

      1行目と2行目の数値の比率を計算して、3行目に表示させたいのですが、どのようにすればよいでしょうか。

      メジャーバリューにある項目を右クリック、「表計算の追加」から「割合」を選択しても計算列が追加されるだけで、

      行が追加されません。

      また、アナリティクスタブから追加できるのは合計値のみで、比率計算はできないように見えます。

      LOOKUP関数を使用しても横方向の値を取得する方法しかわかりませんでした。

       

      Excelではとてもできないようなグラフが簡単に制作できるTableauの威力に感動しておりましたが、

      Excelなら簡単にできる表の作成が思いのほか難しく、ほとほと困っております。

       

      どなたかお分かりになる方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけないでしょうか。

       

      よろしくお願い申し上げます。

        • 1. Re: 計算行の追加について
          Akihiro Azuma

          こんにちは。

           

          (1) 計算行追加の方法

          (2) 比率計算の方法

          の二点をご説明いたします。

           

          (1) 計算行追加の方法

           

          ■Tableauでは、新しい行を作成することを

           「計算フィールドの作成」といいます。(以下、1例)

          ワークシートからも作成できます。
          (2)比率計算の方法
          どのような計算をイメージされているのか分かりませんが、
          一例として「合計に対する割合」をやってみます。
          簡単ですが、以上です。
          慣れるまで色々と戸惑うかもしれませんが、
          勉強すればするほど出来ることが増えていきますので頑張ってください。
          あまり知られていない(?)かもしれませんが、無料の動画解説とかもあります。
          1 of 1 people found this helpful
          • 2. Re: 計算行の追加について
            kouroku56

            Akihiro Azuma様

             

            ご回答ありがとうございます。

            深く感謝申し上げます。

             

            しかし、残念ながら教えていただいた方法ですと、うまくいかないようです。質問の仕方が悪くて申し訳ありません。

             

            完成させたいシートのイメージは、Excelで言うと次のようなものです。

            q01_tab.jpg

             

            しかし、ワークシート上で当該のメジャー項目を右クリックし、「表計算の追加」から「割合」を求めると、次のようなイメージになってしまいます。計算結果列が右に追加される形式です。

            (教えていただいた図中のワークシート中のメジャーを右クリックから、「作成」メニューが表示されるポップアップが出ませんでした。)

             

            q02_tab.jpg

             

            使用しているTableauのバージョンは2018.2.0です。

             

            たびたびの質問で恐縮ですが、引き続きご教授いただけると大変ありがたいです。

            よろしくお願い申し上げます。

            • 3. Re: 計算行の追加について
              Hideki OGAWA

              KOUROKU56さん

               

              方法としては2つあります。

              1)特定の年度の売上を計算フィールドで作ってしまう(前年比計算もこれを使って行う)

              2)簡易表計算&簡易表計算の再利用

               

              1)特定の年度の売上を計算フィールドで作ってしまう(前年比計算もこれを使って行う)

              17年の売上なら

              16年も同じように作成し、合計値を割り算

              3つのメジャーを並べて表示(成長率は%表記に変更)

               

              2)簡易表計算&簡易表計算の再利用

              とりあえず売上を並べてみる

              前年比を簡易表計算

              できた数式をいったんメジャーに入れ(YoY Growth等と名前を付ける)、

              できた計算フィールドを複製し、名前を前年売上等とし、LOOKUP(ZN(SUM([Sales])), -1))だけ残して他は削除

              (前年売上に相当する箇所だけを再利用)

               

              できた変数を並べて完了

              なるべく簡易表計算でTableauが作ったものを使うようにすると、計算の方向等も間違えなくてすみます。

              もしご自身で計算の方向を変える場合は、計算フィールドの編集画面右下の「既定の表計算」の中を適宜調整します。

               

              Sample super store等のサンプルデータで、途中まででも計算されたものを添付いただけると回答しやすいと思います!

              1 of 1 people found this helpful
              • 4. Re: 計算行の追加について
                Hideki OGAWA

                すみません、作成したファイルを添付します。

                • 5. Re: 計算行の追加について
                  kouroku56

                  HIDEKI OGAWA 様

                  大変丁寧なご回答ありがとうございました。

                  非常に感謝しております。

                   

                  しかしながら、ご教授いただいた方法を試したところ新たな問題が発生してしまいました。

                  質問を小出しにしてしまい大変申し訳ありません。

                  当該の部分だけで解決するものと思っており、問題の範囲を把握できておりませんでした。

                   

                  メジャーバリューに、作成した3つのメジャーを並べると、確かに1行目及び2行目に各年の売り上げ、3行目にその売上比率が並びます。

                  しかし、さらにその右隣りの列に別の項目を追加したい場合はどのようにすればよいでしょうか。

                  ご教授いただいた方法ですと、下の行に次の項目が追加されてしまい、思うようにいきません。

                   

                  次のイメージのようにしたいのですが、

                  q03_tab.jpg

                   

                  次のようになってしまいます。

                   

                  q04_tab.jpg

                   

                  現在ディメンションには「受注日」データーがあり、それを行フィールドに入れ、さらにフィルタで2018年と2017年を選択表示させています。

                  そこに紐づけて、各年の売上、売上数量、注文単価を1列づつ横に並べて、最終行に前年比成長率を表示させたいと考えています。各値は一列づつに並ぶのですが、最終行で各値の比率を計算することができず難儀しております。

                   

                  ファイルを直接添付できれば良いのですが、バーチャルデスクトップ環境でTableauを使用しており、

                  その環境からはネットワークアクセスが禁じられているので、手元にデータがなく、お送りできるサンプルを制作できないのが大変心苦しいのですが、もしよい方法をご存知でしたら、ぜひともご教授いただければ幸いです。

                   

                  どうぞよろしくお願い申し上げます。

                  • 6. Re: 計算行の追加について
                    Yoshihito Kimura

                    こんにちは。

                    小川さんの回答で、完璧!と思ってましたが、なかなかの難題ですね。

                     

                    一旦、スタート時点が下図のような状態なのではないかと想定します。

                     

                    0) 初期状態

                     

                    以下、私のアイデアです。

                     

                    1)  下記の計算式を作ります

                    2) 作った式はディメンションで文字列になる様に設定します。

                     

                    ------------------------ここで一旦休憩-----------------

                     

                    エクセルを起動して

                     

                    3)下記のダミーファイルを作成します。ファイル名は、dummy.xlsx とします。

                     

                    ------------------------Tableauに戻って-----------------

                     

                    4)2) の状態 から、追加のデータソースとして dummy.xlsx を読み込みます。

                     

                     ↓こんな感じになってたら成功です。(データソースを示す円筒が二つある状態)

                     

                    5) ブレンドしていきます。 yearと年度の間にリレーションシップを作ります。

                     dummyがプライマリ、元データ(ここではCase1)がセカンダリです。

                     

                    6) Case1 のデータソース上で、計算式を3つ作ります。

                     

                    7)作成した3つの計算式に、下記の数値形式を設定します

                     

                    ------------------------これで準備は完了です-----------------

                     

                    8) あとは並べるだけです。

                     

                    8-1 Dummy のデータソースを選択

                    8-2 index と Yearを行に配置

                     

                    8-3 Case1 のデータソースを選択 (この時、”年度”には赤い鎖マークがついていることを確認してください)

                     

                    8-4  手順6で作成した3つの計算式を赤枠にドラッグ&ドロップ

                     

                     

                    8-5  完成!

                     (ヘッダー名称は、”別名の編集” で修正してください)

                     

                     

                    どうでしょーか? 手順化すると長いですね。

                     

                    ちょっと数値形式の利用方法がトリッキーなのと、手間がかかりすぎてる感じもしますので、

                    特に初心者の方の場合は厳しいかもしれません。

                    他の方からもっといい(普通にできる)アイデアが出るといいですね。

                     

                     

                     

                    ご質問の仕方の件、苦労されてますね。

                    VDT環境で難しいとのことですが、複雑な質問になるとやはりデータは必要です。

                    無料のTableau Public等を活用して、質問用のデータを作るという手段もありますので、

                    実はまだちょっと違うんです・・・といった場合には、いよいよご検討くださいませ(笑)

                    1 of 1 people found this helpful
                    • 7. Re: 計算行の追加について
                      Yuichi Watanabe

                      kouroku56さん

                       

                      小川さんの回答も参考にしまして、例えばダッシュボードで表現してしまうのはいかがでしょうか?

                      「何が何でも一つの表にすべてまとめたい」というのであればご希望には添えないかもしれませんが、こんな表現方法もあるのではと思い作成しました。パラメーターで基準年と比較対象年を選べるようにしてみました。

                      即席で作ったのでシンプルすぎる気もしますが、ご参考まで。

                      2 of 2 people found this helpful
                      • 8. Re: 計算行の追加について
                        Shinichiro Murakami

                        このケースの、ある種「標準的な」解を提供しておきます。

                         

                        タブローは、帳票作成ツールではないので、すごーく長い回り道をして、やっと、それらしく見えるものを作ることになります。

                        同じような意味合いのものはグラフィカルにも作れるので、それであればタブローの出番ですが、帳票は今のところ、全く標準ではありません。

                        逆にForum内では、ユーザーからの質問は最も多いカテゴリーでもあるので、どこかでタブロー社が考えを改めるかも知れないですが。。。

                         

                        そのあたりの状況については、こちらなどをご覧ください。

                        第2回 Tableau Ambassador 座談会 - Togetter

                         

                        いずれのアプローチも、とても「初心者」にお勧めできるものではありませんが。。。

                         

                        前半戦:

                        ユニオンでデータ複製、計算式準備。

                        データソースの編集==> ユニオン

                         

                         

                        この6種類は、

                        「%に絶対にマイナスが生じない」のであれば、木村さんのアプローチで、3つにできます。

                        そうであれば、後半戦の面倒が一切生じず、普通にメジャーバリューが3つとメジャーネームで済みます。(==>最後の方)

                         

                        1.

                         

                        2.

                         

                        3.

                         

                        4.

                         

                        5.

                         

                        6.

                         

                         

                        後半戦です。あとは、Placeholderを使ってのテーブル表示になります。

                         

                        すっげーステップ数が多くて説明が面倒なので、こちらなどをご覧ください。

                         

                        こんな簡単なビュー作成に100タッチ?!-複数のKPI表示- - 目指せ!世界でいちばんのタブロー使い

                         

                         

                        テーブル計算の設定は、木村さんの説明の通りです。

                         

                        簡便版:マイナス表示を拝借。(本当にマイナスが生じると対応不可能)

                         

                        etc etc

                         

                         

                         

                        改めて、初心者が簡単にできる、こういった帳票作成の方法としては、ダッシュボードでくっつけてしまう以外にないと思います。

                        ホント、帳票に関しては、面倒くさいツールですね。

                         

                         

                        Thanks,

                        Shin

                        2 of 2 people found this helpful
                        • 9. Re: 計算行の追加について
                          kouroku56

                          SHINICHIRO MURAKAMI 様

                           

                           

                          この度は大変丁寧なご回答をいただき、誠にありがとうございます。

                          深く感謝申し上げます。

                          また、お礼が遅くなり失礼いたしました。

                           

                          どのようにすれば良いかわからず、悩んでいたのですが、この場で多くの方々に助けていただき、

                          おかげさまで何とかなりそうです。

                           

                          いただいたアドバイスをまだすべて理解したとは言い難いのですが、

                          本当に貴重なアドバイスをいただきましたので、大事にしたいと思います。

                           

                          またおっしゃるように、確かにTableauは帳票作成ツールではなないですよね。ビジュアル解析を行うツールだと思います。

                          「数字なんか見てないで、絵を見ればすぐわかるじゃん!絵にしなよ、Tableauなら簡単だよ!」というのが、

                          Tableauの主張なのだと思います。

                          ですから、既存の分析業務の流れにTableauを組み込もうとすると、帳票が必要になり難儀する犠牲者がでますよね(笑。

                           

                          すべての数値をグラフィカルに解釈するというやり方に考え方を転換しないと、Tableauは活かせないのではないかと感じました。Tableau に合わせて業務を設計すべき言ったら大げさでしょうか。

                           

                          Excelの類似ツールのような認識だとどこかで不整合が起きると思います。

                           

                          なんにせよ、この度は貴重なアドバイスをいただき本当にありがとうございました。

                          • 10. Re: 計算行の追加について
                            kouroku56

                            YUICHI WATANABE 様

                             

                            コロンブスの卵といいますか、実用的なアイディアのご回答ありがとうございます。

                            大変感謝申し上げます。

                             

                            今回他の帳票との関係でうまくレイアウトできず、他の方法をとらせていただきましたが、

                            最も応用の利く方法だと思いました。

                             

                            覚えておいていずれ使わせていただきたいと思います。

                             

                            ご教授ありがとうございました。

                            • 11. Re: 計算行の追加について
                              kouroku56

                              YOSHIHITO KIMURA様

                               

                              丁寧なご回答ありがとうございました。

                              大変感謝申し上げます。

                               

                              また、お礼が遅くなり失礼いたしました。

                              結局YOSHIHITO KIMURA様に教えていただいた方法を参考にして、帳票を作成いたしました。

                              どうにか一山超えられた思いですが、人まねで何とかそれっぽくできたという感もあり、

                              いただいたアドバイスを消化すべく学習中です。

                               

                              なんにせよ、業務でTableauを本格的に使用し始めたのが本日で4日目でして、

                              自分の能力を超えた課題に、遭難しかけたところを助けていただきました。

                               

                              改めてお礼申し上げます。

                              本当にありがとうございました。

                               

                              一点だけフィードバックいたします。

                              リレーションを設定した先のフィールドを参照する際には、計算フィールド上で下記のようにフルパス?で記述する必要があるようです。

                              (私の環境のせいなのかもしれませんが。)

                               

                              SUM([Case1].[売上])

                               

                              計算フィールドの編集画面ですと、Tableauが気を利かせてくれるのか、使用中のデータベース側のパスは、解説にある画像のように、SUM([売上])と省略して表示されました。

                              もしも同様の問題でお悩みの方がもしもいらっしゃいましたらご参考ください。

                              • 12. Re: 計算行の追加について
                                Shinichiro Murakami

                                まあ、目的に合わせて使用ツールを使い分けましょうってことだけなんですが、

                                他の場所でも言ってるように、コンペティター (power bi 等)を考えると

                                ビジネス上も、本当に帳票出力を無視し続けていいのかどうかは不明です。

                                 

                                で、

                                Excelの類似ツールのような認識だとどこかで不整合が起きると思います。

                                 

                                ↑ これは、「どこか」じゃなくて、一歩目からです。

                                 

                                説得というか、価値観のシェアは難しい面もあると思いますが、ここのみなさんはみんなそういった活動を応援/支援しています。

                                つまり、困ったことがあったら、質問してください。

                                 

                                Shin

                                • 13. Re: 計算行の追加について
                                  kouroku56

                                  おっしゃる通り、2日目からつまずきました....

                                  今後ともよろしくお願い申し上げます。

                                  • 14. Re: 計算行の追加について
                                    Hideki OGAWA

                                    どういう環境やデータベースで作業をされているのかわかりませんが、

                                    Prepを含めたETLが使えるのあれば、クイックにできるのはデータにピボットをかけてしまうことかなと思います。

                                    指標を縦に並べてしまえば、先日と同じソリューションでビジュアライズできます。

                                     

                                    まだ不安定なところはありますが、PrepもTableauファミリーに加わったことですし、うまく活用できると良いかと思っています。

                                    ご参考まで、添付致します。

                                    1 2 Previous Next