4 Replies Latest reply on Aug 6, 2017 10:52 PM by Tomoyuki Kishida

    土日祝日を抜いた稼働時間を計算するには

    Tomoyuki Kishida

      稼働時間を計算するためのアイディアをいただきたく、投稿いたしました。

      現在以下の様なフィールドを持ったデータソースが、弊社のTableau Serverにパブリッシュされています。

      シリアル番号, 開始日時, 終了日時

       

      稼働時間を計算する際に、単純に終了日時から開始日時を引くと、土日や祝日も含んでしまい、正確な稼働時間を計算できません。

      またこのデータがTableau Serverにパブリッシュされたものであるからだと思うのですが、他のデータソース(例えばExcelファイルで作成したカレンダー情報)を結合する場合も、ブレンドしかできないので、良い方法が浮かびません。

       

      実際のユーザーに土日祝日の管理を任せたい(土日出勤等が発生することもあるので)ので、外部ファイル等で管理したいと思っているのですが、何か良いアイディアはありませんでしょうか?

      よろしくお願いいたします。

        • 1. Re: 土日祝日を抜いた稼働時間を計算するには
          Shinichiro Murakami

          きしださん

           

          そうですね。

          内容を見るかぎり、ServerにPublish される前の Data Sourceと 土日、祝日を管理する別のカレンダーを、Joinで結合する必要がありそうですね。

           

          その上でServerにPublish することになると思います。

           

          村上

          • 2. Re: 土日祝日を抜いた稼働時間を計算するには
            Tomoyuki Kishida

            村上さん

            どうもありがとうございます。

            やはりそうですよね。これで踏ん切りがつきました。

            Tableau Serverにあるものが全社共通のデータでしたので、利用できれば、と思っていたのですが。

            思い切って、ローカルに準備してみたいと思います。

             

            岸田

            • 3. Re: 土日祝日を抜いた稼働時間を計算するには
              Shinichiro Murakami

              岸田さん

               

              私も常々迷うのですが、タブローサーバー上にパブリッシュされたデータをさらに加工するというのは本来の使い方ではなさそうです。

              サーバーにパブリッシュするワークブックも、サーバーにあるデータソースに接続するものは、計算式など最小にしたほうがパフォーマンスが良さそうです。

               

              もともと、生データを直接タブローサーバーに生成することは稀だと思うので、大元のデータソースから、どのようなツールを使ってデータソースを

              加工していくかが重要だと、最近ますます思うようになりました。

               

              タブローはそのような機能は非常に限定的なので、MSIS とか Alteryx など、データベースの加工ツールを活用する必要があるのだと思います。

              その上で、タブロー向きに加工された後のデータをタブローサーバーにパブリッシュしてあげれば、全体のパフォーマンス向上、レポート作成時間短縮ともなされるかなと思います。

               

              村上

              • 4. Re: 土日祝日を抜いた稼働時間を計算するには
                Tomoyuki Kishida

                村上さん

                どうもありがとうございます。

                はい、私も「タブローサーバー上にパブリッシュされたデータをさらに加工するというのは本来の使い方ではなさそうです」という点について、Fully Agreeです。

                 

                ただ私の会社は各国に拠点が存在して、同じアプリケーションを利用していると、ローカルな対応(例えば、日本のお休み)はローカルで対応する必要が発生してきます。

                また必要なデータが基幹システムのデータだったりすると、簡単に手出しできなかったりで、ユーザーからの要望に応えるためには、サーバー上にあるデータを二次加工(生データからすると、三次加工)できれば、というのが今回の質問の発端です。

                今回のデータは私が手出しできるところにあったので、提案いただいた様にパブリッシュされる前のデータを利用したいと思います。