8 Replies Latest reply on Feb 16, 2017 4:03 PM by Shinichiro Murakami

    値がない場合に非表示にする方法

    MAKI TOMITA

      こんにちは、富田と申します。
      どなたかご存知の方、ご教示いただけると嬉しいです。

       

      添付のようなファイルを作成しています。
      番号ごとに、時間・1時間あたりの回数を月ごとに表示しており、
      前月の差がプラスであれば赤、マイナスであれば緑と色分けしています。

       

      中には、該当月に稼動がなく、時間・1回あたりの回数がNullになるケースがあるのですが、

      その場合は前月との差も非表示とし色を赤も緑もつけずにおきたいのですが、

      そのようなことは可能でしょうか。

      (例えば、一番上の番号4913の2月)

       

      また、設定しているフィルタについてもご教示下さい。

      ① 「前月からの差」のフィルタを設定していますが、

        このスライダーを動かして表示範囲を変更してまた元に戻すと、

        最初はNullだった2015年12月の「前月との差」の欄に何らか値が表示されるようになります。

        (実際に動かしてみていただけると助かります・・)

        これはなぜでしょうか、またどのようにしたら、元に戻るのでしょうか。

      ② 「時間」のフィルタも設定していますが、こちらは上記のフィルタと異なり、

        指定した範囲外のセルも、すべての項目がNullの状態で色づけされて表示されます。

        「前月からの差」のフィルタ同様に、設定した範囲のみを表示させるにはどのようにしたら

        よろしいのでしょうか。

        

      以上です。

       

      お手数ですが、どなたかご教示いただけますと大変嬉しいです。

       

      どうぞ宜しくお願い致します。

        • 1. Re: 値がない場合に非表示にする方法
          MAKI TOMITA

          度々すみません、下記の例、正しくは 「番号4995、2016年1月」 でした。

          ---

          中には、該当月に稼動がなく、時間・1回あたりの回数がNullになるケースがあるのですが、

          その場合は前月との差も非表示とし色を赤も緑もつけずにおきたいのですが、

          そのようなことは可能でしょうか。

          (例えば、一番上の番号4913の2月)

           

           

          富田

          1 of 1 people found this helpful
          • 2. Re: 値がない場合に非表示にする方法
            Rahul Upadhye

            富田様

            こにちわ

            ifnull(前月からの増加, 0)を利用してみたが、

            この問題ではデータに該当する行が存在しないため、この場合にはTableauの関数は使えないです。

            空欄でもいいので先ずはすべての日付毎に同じ行数を作成してみてください。

            宜しくお願いします。

            ウパッデ

             

            2 of 2 people found this helpful
            • 3. Re: 値がない場合に非表示にする方法
              Shinichiro Murakami

              富田さん、

               

              できますが、実現するにはいくつかのステップが必要です。

              なお、OKであれば、「正解」マークをお願いします。

               

               

              できあがり

               

               

              まず、できあがりには直接関係ないですが、質問にだけ答えておくと、

              filter を動かした後~ってのは、おそらく、12月が消えてしまうことを言われているのだと思います。

              「フィルターを表示」しただけの状態では、フィルターはかかってませんが、いったん変更すると、Nullを自動的に省くようになるみたいです。

              クリアすれば表示されます。

               

               

               

               

              さて、「Nullをカラー表示しない」ですが、

               

              たぶん、Colorの属性が Continuous のままだとNull を判定できないように思います。(たぶんですけど)

              この場合、ポジティブ、ネガティブ判定のみなので、Nullを加えて3段階にします。

              [Color]

              ZN([前月からの増加]) - LOOKUP(ZN([前月からの増加]), -1)>0

               

               

               

              Discreteに変更すると、グラフがsquare タイプだと、セルを全部カラーにすることはできなさそうです。

              (Continuousであれば可能)

               

              なので、棒グラフに変更します。

               

              square

               

              Bar

               

              Number of records with "MIN"

               

               

               

               

               

               

              Hide Header

               

               

              「時間」のほうは、「集計」モードになってないので、一件一件のデータにフィルターをかけに行っています。

              Aggregationに変更して、

               

               

               

              件数が、少なくなってくると、表示されない月が出てくるので、

               

              で、すべて表示されます。番号も常にすべて表示させておきたい場合は、Columnも同様にしてください。

               

               

              12月のみ省きたい場合は、HIDEで

               

              以上です。

               

              村上

              1 of 1 people found this helpful
              • 4. Re: 値がない場合に非表示にする方法
                MAKI TOMITA

                Rahul様

                 

                ご返信有難うございます。

                 

                毎回すべての日付毎に同じ行数を作成するのは現実的に難しいため

                教えていただいた方法ではちょっと難しいかと思いました。

                 

                考えていただき有難うございました。

                また何かありましたら、是非宜しくお願い致します。

                1 of 1 people found this helpful
                • 5. Re: 値がない場合に非表示にする方法
                  MAKI TOMITA

                  村上様

                   

                  お世話になっております。富田です。

                   

                  ご丁寧に回答いただき有難うございます。

                  なぜそのようにするのか追いつけていない部分も多いのですが、

                  教えていただいた方法でやりたいことを実現できました。

                   

                  お忙しい中大変申し訳ないのですが、恥ずかしながら下記の意味がよく分かりませんでした。

                  今後のためにもご教示いただけますと大変嬉しいです。

                  ・「Discreteに変更すると、グラフがsquare タイプだと、セルを全部カラーにすることはできなさそうです。

                   (Continuousであれば可能)」の意味

                  ・「件数が、少なくなってくると、表示されない月が出てくるので・・」の意味

                  ・「「時間」のほうは、「集計」モードになってないので、一件一件のデータにフィルターをかけに行っています。

                   Aggregationに変更して・・」の意味

                   

                  以上、お手数ですが、ご検討の程宜しくお願い致します。

                  • 6. Re: 値がない場合に非表示にする方法
                    Shinichiro Murakami

                    ・「Discreteに変更すると、グラフがsquare タイプだと、セルを全部カラーにすることはできなさそうです。

                     (Continuousであれば可能)」の意味

                     

                     

                     

                     

                    ・「件数が、少なくなってくると、表示されない月が出てくるので・・」の意味

                     

                    フィルタ前

                     

                    フィルタ後

                     

                     

                    さらに絞る

                     

                     

                    ・「「時間」のほうは、「集計」モードになってないので、一件一件のデータにフィルターをかけに行っています。

                     Aggregationに変更して・・」の意味

                     

                     

                    どれを選ぶかって話なのですが、All Value なら、ラインアイテムごと(集計前)のアイテムにフィルタをかけるし、

                    集計方法を選択すれば、表示されてる「セル」単位の、集計結果(sum,avgなど)ごとにフィルタをかけます。

                    1 of 1 people found this helpful
                    • 7. Re: 値がない場合に非表示にする方法
                      MAKI TOMITA

                      村上様

                       

                      お世話になります。富田です。

                       

                      ご丁寧に有難うございます。

                      これまで何気なく使っていたものの意味をあらためて知るなど

                      大変勉強になりました。本当に有難うございます!

                       

                      また何かありましたら、是非ご教示いただけますと嬉しいです。

                       

                      今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

                      • 8. Re: 値がない場合に非表示にする方法
                        Shinichiro Murakami

                        いえいえ、どうしたしまして。