3 Replies Latest reply on Feb 25, 2016 7:35 PM by Shinichiro Murakami

    折れ線グラフ関連2点(個別に太さを変える、マーカーのサイズ)

    Kashiwa Masanori

      何度も、恐縮です。Excelや、パワーポイントでできることは、Tableauでもできる、、、と信じているのですが、

      それを見つけきれずにおり、苦労しております。

       

      質問は、2点です。

       

      ①折れ線グラフで、「一つだけ線の太さを太く変えたい」のですが、できますでしょうか?

        ⇒線の太さを変えると、全部変わってしまいます。個別の設定を変えるために、どこをクリックすればよいのか、、、

       

      ②折れ線グラフで、どこにプロットがあるのか、「マーカー付きのグラフ」を使用していますが、マーカーのサイズが小さくて、見えない。

      マーカーの大きさや形を変えることができますでしょうか?

       

      よろしくお願いいたします。

        • 1. Re: 折れ線グラフ関連2点(個別に太さを変える、マーカーのサイズ)
          Shinichiro Murakami

          答えからいうと、どっちもできます。が解答の前に何点か。

           

          まず、

          Excelや、パワーポイントでできることは、Tableauでもできる

           

          これは、明らかに間違っています。というよりも、そもそも使い方が違うので、そのアプローチを取ると、必ず行き詰ります。

          上司から、「これと同じビューを作れるのか?」と聞かれて、頑張ったけど、全く同じものは作れなかった ==>

          すみません。「こんな感じなんですけど。。」

          上司「なんや今使ってるのと違うやないか。タブローってすごいって言ってたのに、こんなことも出来へんのか。全然あかんやないか。」

          ってなります。僕自身、そういうことを何回も経験しています。

           

          リクエストの1も2も、言わば、そんなことを気にする必要は全くないんです。パワーポイントへの貼り付けをするから、問題になるんです。

          とはいえ、一足飛びにはタブローに全てシフトすることは出来ないので、長くなりますが、まずは解答。

          そして「必要ない」の説明をします。

           

          解答 ①

          どちらも、面倒くさいですが第2軸を使う必要があります。第2軸はメインを上書きするので、強調したいアイテムの計算Fieldを作成し、第2軸に持って行きます。

          軸を同期するのを忘れないでください。

           

          [Company A Sales]

          if [Company]="AAAAA" then [Sales] end

           

           

           

           

           

           

          色塗りがちょっとややこしいです。

          4色とも第2軸に追加すると、トラブります。

          AAAAAの「要素」の色を、第2軸上で、Measure Nameで実現する必要があるので、以下の手順を踏みます。

          もし、[Company]がColor Shelfに残っていたら、取り除きます。

           

           

           

          解答②

          全く同じ、[Sales] のFieldを第2軸にも追加します。

          メイン軸を折れ線のまま、第2軸のChart TypeをCircle にします。軸を同期するのを忘れないでください。

          ここでは、[Company]の色を第2軸上で残す必要があります。

           

           

          さて、パワーポイントに貼り付ける必要がなかれば、つまりタブローの機能を使って直接プレゼンができるなら、

          ① ② は以下で解決です。

           

          ① 強調したい要素を、Color Legend 内で選択するだけです。

          違う要素を選択すればもちろんそれだけ示せますし、比較したい2要素(+)をCTRLで選択すれば、選択された複数の要素を強調します。

           

          ② 見たいところがあれば、いつでもマウスで選択してください。

           

           

          ポイントがはっきりしました。

          カーソルを上に持っていけば、Tool Tipsが表示されます。

          強調してなくても、カーソルをポイントの上に置けばTool Tipsが表示されます。

           

          影に隠れた、例えばDDDDD社のところを見たいのであれば、フィルタでDDDDD社を選んだ上で選択すればよいでしょう。

           

          とにかく、ユーザーが見たいものを自由に選んですぐに結果を返せるというのが、タブローの最大の強みのひとつです。

          スクショとって、パワーポイントにコピペして。。。っていつの石器時代やねん。って話です。

           

          とかいいながら、うちの会社でもまだやってますけどね。。。

           

          まあ、慣れるまでは時間かかるので、上司の方のタブロートレーニングも一緒に進める必要があるのです。。

           

          村上

          • 2. Re: 折れ線グラフ関連2点(個別に太さを変える、マーカーのサイズ)
            Kashiwa Masanori

            村上さん、

             

            いつもありがとうございます。PPT/Excelからの遷移期間中(検討中)なので、まずスタートポイントは、いままでできていたことができるのか?です。

             

            そもそも違うものなのだ、、という説明(啓蒙活動)も徐々に進めてまいります。

             

            上記、なかなかトリッキーな感じですが、デフォルトで変更する機能がないこともわかりました。

             

            ありがとうございました!

             

            • 3. Re: 折れ線グラフ関連2点(個別に太さを変える、マーカーのサイズ)
              Shinichiro Murakami

              柏さん

               

              なかなか骨の折れる道のりですが、ご検討をお祈りします。

              なにかひとつ、ちょっと見栄えのよいチャートを作って、「おっ、なかなか面白そう」

              って食いついてもらえればいいんですけどね。

               

              タブローの機能を知ったあとで、PPTにコピペするのって、

              「ほんと、何やってんだろね。僕」って思わずにいられないんですよね。。。

               

              でも、導入できてるだけでラッキーともいえる訳で、まあ頑張ります。

               

              村上