2 Replies Latest reply on Nov 12, 2015 6:21 PM by Shinichiro Murakami

    稼働2時間ごとに10分間隔をあける の計算方法について

    MAKI TOMITA

      こんにちは、富田と申します。

      どなたかご存知の方教えていただけますと助かります。

       

      添付のExcelファイルは、機械の稼働状況を表しています。

      -----------------------

      A列: 商品コード

      B列: 一度のスイッチON~OFFまでを一区切りとして 

          同じfilenameを発番

      C列: スイッチON(同一filenameの最初のレコード)から

          スイッチOFF(同一filenameの最後のレコード)まで

          30秒毎の時間 

      D列: 上記時刻に稼働があれば、>=11

              上記時刻に稼働なければ、=0

      -----------------------

       

      稼働2時間毎に10分間隔をあけるというルールがあり、

      このデータを使ってTableauで計算できないかと考えています。

      ※例えば、

         value>=11が240レコード続く → 2時間連続して稼働あり

         value=0が20レコード続く → 10分連続して稼働なし 

         (1レコード=30秒)

       といった計算 など                

       

      filenameの中での稼働/非稼働の合計時間を計算することはできるのですが、

      稼働が2時間続いた後に非稼働が10分、というような

      条件に基づいた連続するレコードのカウントの仕方が分かりません。

       

      商品ごとに、稼働/非稼働の動きを計算するには

      どのようにしたらいいのでしょうか。

       

      どなたかご教示いただけますと助かります。

       

      宜しくお願い致します。

        • 1. Re: 稼働2時間ごとに10分間隔をあける の計算方法について
          Shinichiro Murakami

          富田さん

           

          ご質問からだいぶ時間は経っていますが、興味を引いたので考えてみました。お役に立つかどうか分かりませんが。

           

          まず、時間を1分ごとに区切りました。

          Time2 : datetime(round(float([Time])*1440,0)/1440)

          で、枠ごとに1以上があれば 1 を返すようにしました。

          Min value : IIF(sum([Value])>1,1,0)

          で、2時間稼動で10分休みの動きに注目しました。

          まず、 130 ポイント移動平均を計算

          Moving 130 Avg  : WINDOW_AVG([Min value], -129, 0)

          で、120/130 = 0.923 以上をに フラグを つけました。<== 130分で120分以上稼動。

          グラフの緑が該当の時間枠(1分ごと)です。

          ところにより、十分なお休みが取れていないようにも見受けられます。

           

          count のタブで、0.923 以上なら1、でなければ0 を1分ごとに表にしてあるので、別の集計も可能だと思います。

          10分ごととかも、計算式を変えれば可能です。

           

          根本的に、データがない時間に関して、時間軸の枠を埋める方法が今のところわからないので、

          完全な連続データにはなっていません。


          別の集計項目としては、

          ある時刻を基準に、何分連続して稼働していないか、や何分連続して稼働しているか 

          は、今のデータ群での計算で、比較的簡単に出せると思います。

          装置がたくさんあるなら、上記の計算から、ある時刻での装置の様子を色で区分けして見せるとかも可能だと思います。

          X 時間(分)以上お休み中、X時間(分)以内のお休み中、動き出したところ、2時間以上稼働中、2時間のあとの休憩中  など。。

           

          村上

           

          Picture1.JPG

          • 2. Re: 稼働2時間ごとに10分間隔をあける の計算方法について
            Shinichiro Murakami

            趣味の世界ですが。。

            連続稼働時間/連続停止時間に注目して別のグラフを作ってみました。

            信号0を受け取るとリセットです。

            連続データでも作ってみました。(Graph3 (Continuous)) 

            Moving Averageのときは、連続だと空白時間を通算してしまったように思います。

             

            村上

             

            Picture1.JPG