TIPS : フィルターでグラフ種類を変える方法

Version 2

    各ワークシートで作成したグラフ内容をフィルタで変更することが出来ます。 完成イメージは以下。

    1.jpg

     

    STEP 1 :  切り替え対象となるグラフを各ワークシートにて3つ作成してください。 ( 例として以下3つあげますがこちらは自由に作成してください。)

     

    その① シート名 “ 棒グラフ”

    1.jpg

     

    その② シート名 ” エリアチャート”

    2.jpg

    その③ シート名 ” 散布図”

    3.jpg

    STEP 2 : グラフ種類のパラメーターを作成します。

    ・ 左メジャーの位置で右クリックを押し現れたメニューから”パラメーターの作成”を選択します。

    1.jpg

    ・パラメーターを以下のように設定します。

     ① 名前を”グラフ種類”とする。

     ② ”リスト”を選択

     ③ 前ステップで作成したワークシートに合わせてリストの作成を実施

       ・値はパタメーター値で計算フィールドで利用

       ・表示名は、パタメーターコントローラでの表示内容です。

        ※ ここでは以下画像のように設定

    1.jpg

    STEP3 : グラフが変わるようにCASE文を作成。

    ・ディメンジョンの位置で右クリックを押して計算フィールドを以下のように作成してください。

     

     ”グラフ種類フィルター” =

              case[グラフ種類]

              when "棒グラフ" then "売上推移"

              when "エリアチャート" then "地域貢献度"

              when "散布図" then "相関関係"

              end

      1.jpg

    STEP4 : パラメータに実際のグラフを紐づけていく。

         ・左下パラメータを右クリックしてパラメーターコントローラを表示させる。

      ・前ステップで作成した”グラフ種類フィルター”をフィルターにいれる。

    1.jpg

     ・表示されたフィルター設定のところで、パラメーターコントローラと同じ項目を選択。これにより紐づけが完了。

     ・同じように残り2シートも紐づけてください。

    1.jpg

    STEP5: ダッシュボード作成

     フィルタで表示が変わるようにするにはワークシートを重ね合わす必要があります。これを実施するためにレイアウトを変更してからワークシートをダッシュボードへ配置します。

     

    ・ ダッシュボードにて水平方向をクリックしレイアウト上に水平方向がでてきたら棒グラフのワークシートをダッシュボード上に配置。

    1.jpg

    ・残りの2つのグラフを棒グラフのシートの上に配置。

    1.jpg

    ・コスメ処理

      ・ 各タイトル非表示

      ・ メジャーネーム、製品カテゴリを削除

      ・ グラフ種類を上部へ移動

     

    Result : 完成

    1.jpg

     

    以上