TIPS : DATEDIFF・Parameterを利用して自由に前週比(WoW)、当年実績値(YTD), 過去3ヶ月等の表示をさせる。

Version 3

    対前年比など、過去の数字を比べようとした場合は、過去3ヶ月の数字とかを表示させようとした場合に、通常以下のような数式で計算しようとします。前の期間を表上に表現するとか、フィルタを前期分を残すとかしないとうまく表現できず困ると思います。

     

    例:Lookup( zn (sum([売上]),-1)

     

    パタメーターとDATEDIFFを利用するとかなり柔軟性がますので共有します。スーパーストアのサンプルデータを利用した場合でも以下のような表現が簡単に可能です。

     

    Tableau_-_DATEDIFF___PARAMETER.jpg

     

    手順は以下2ステップのみ:

     

    ① まずパラメーターを利用して基準日を作成します。画面左のデータセットのディメンジョン/メジャーのところで右クリックを押しパラメーターの作成を選択して、以下のようなパラメーターを作成してください。)作成後は左下に基準日のパラメータがでます。

    サンプルデータでは受注日の最終日が2012年12月31日になっているため、それ以前を基準としてください。

    パラメーターのコントローラーを表示すれば動的に基準日を変更できます。

     

    パラメーター__基準日__の編集_と_Tableau_-_DATEDIFF___PARAMETER.jpg

    ②  DATEDIFF を利用して新しく計算フィールドを作成します。売上の数字の場合を例として幾つか例をあげます。

     

    ◆ 今週売上:

     

    if

        DATEDIFF('week',[基準日],[受注日] )= 0

    then

        [売り上げ]

    end

     

    ◆ 先週売上:

     

    if

        DATEDIFF('week',[基準日],[受注日] )= -1

    then

        [売り上げ]

    end

     

    ◆ 先々週売上:

     

    if

        DATEDIFF('week',[基準日],[受注日] )= -2

    then

        [売り上げ]

    end

     

     

    ◆過去3ヶ月売上

     

    if

        DATEDIFF('month',[基準日],[受注日] ) <=0

    and

        DATEDIFF('month',[基準日],[受注日] ) >-3

    then

        [売り上げ]

    end

     

    ◆過去3ヶ月売上(前年)

     

    if

        DATEDIFF('month',[基準日],[受注日] ) <= - 12

    and

        DATEDIFF('month',[基準日],[受注日] ) > -15

    then

        [売り上げ]

    end

     

    その他作成したメジャーは添付のTWBXを参考にしてください。

    上記で作成したメジャーを利用すればかなり以下のような数式で対前週比(WoW)等の表示ができます。

     

    例:対前週比

     

    sum([今週売上])/sum([先週売上])-1

     

     

    以上