【第一回】Tableau Datathon_実施報告

Version 1

    2018/2/21 ~2018/3/7 の2週間にわたり、Tableau Japan Datathon(データ・ハッカソン)を開催しました。

     

    今回は「Pokemon」をテーマにして、世界中のデータサイエンティストが集うコミュニティ「Kaggle」に

    公開されているデータを利用し、Tableauのみならず、RやPython等の統計分析ツールを利用し、自由に可視化・

    分析して楽しみました。

     

    参加メンバー様で5つのチームを作り、コンペ方式で実施。

    20分以内で、データの選択・仮定の設定・分析結果の成果物・それから得られた知見の発表を頂きました。

     

    発表内容を下記3つの観点で評価し、投票を行い優勝チームを決定しました。

    1.統計的分析力

    2.ストーリーテリング

    3.ビジュアル・デザイン

     

     

    以下、各チームの発表内容のサマリです。

     

    §1.team #pikachu

    (Horio Natsume さん、Nagao Satoshi さん、Mochiduki Ginko さん)

    Thank you for your attention team #pikachu

    「ポケモンGOにおいて、ピカチュウが現れやすい条件はあるのか?」をテーマとして選定いただきました。

    ピカチュウと共起するポケモンや、サンフランシスコ・ベイエリアでのポケモン出現データから”ピカチュー”の発生しやすい

    地域を分析し、空間ファイルとの組み合わせで効果的に可視化いただきました。

    「意外と同属の電気属性は確率が低く、地面属性やノーマル属性のほうが高い。」

    「分類別でみると、ねずみポケモンと一緒に出てきやすい。」といったインサイトを共有いただきました。

     

     

    ピ カ チ ュ ウ と 一 緒 に 出 て く る 確 率 の 高 い ホ ケ モ ン

     

     

     

    ヒ カ チ ュ ウ と 共 起 す る ポ ケ モ ン ( タ イ プ 別 ) ヒ カ チ ュ ウ と 一 緒 に 同 タ イ プ の 出 て く る ポ ケ モ ン は で ん き ポ ケ モ ン は 地 面 タ イ プ が 多 い 意 外 と 少 な い 0

     

     

     

    ピ カ チ ュ ウ が 出 現 し そ う な エ リ ア ( 色 塗 り ) 南 側 、 サ ン ノ セ 近 辺 で 出 現 し そ う な 確 率 が 高 い

     

    Tableau Public:

    https://public.tableau.com/profile/s.nagao#!/vizhome/_7150/sheet0

    https://public.tableau.com/profile/s.nagao#!/vizhome/_7150/sheet0

     

     

    §2.1_team

    Shimada Hiroki さん、Umetsu Junpei さん、Wataru Kimuraさん、Fukui Junya さん、)

    ポケモンの人気と能力値の相関関係について分析いただきました。

    ポケモンの属性を説明変数、人気を目的変数とする予測モデルを作成し、Base Total, Weight, Capture Rate

    寄与率が高いことを指摘いただきました。またこのモデルを使って、第6世代の人気を予測し、実測値と比較を

    実施されました。

    TV出演の多さ、可愛さ、関連Tweet数の多さなどの説明変数を収集し説明変数として加えることでより精度の

    高い予測モデルが作成できるのではないかという議論がありました。

     

     

    §3.Team3

    (Kamanoさん、Watanabe Masayuki さん、Komatsu Hajime さん、Tetauji_Kさん)

    1 ・ み す " タ イ プ の ポ ケ モ ン は 確 か に 水 辺 に よ く 出 た が 、 ・ 1 そ れ 以 上 に 出 て く る イ ラ ボ ケ モ ン も い た 。

    “みず”タイプのポケモンは水辺によく出てくるんじゃないか説を検証してみた”をテーマとして取り上げられました。

    ポケモン出現データの”水辺での出現”フラグをもとに、”みず”タイプのポケモンが実際に水辺で現れやすいのかという

    仮説を検証いただきました。

    予想通り”みず”ポケモンの発生が多いことが分かりましたが、意外にもトップ2は”ビビリダマ”、”コイル”といった”でんき”

    という結果が得られました。

    これを実証する隠れたポケモンの都市伝説がありました(【ポケモンGO】コイル・ビリリダマが欲しけりゃ港へGO!

    http://xn--go-jb4asdqa7zma0lvb6n4bym2508dhkxb.com/post-4787/)

    また、水辺に発生するかどうかをRの決定木を使って説明する試みも実施いただきました。

     

    ( in k01 ヒ u - 麟 第 ” み す ” タ イ プ の ポ ケ モ ン は 水 辺 に よ く 出 て く る ん じ ゃ な い か 説 を 検 証 し て み た ☆ 「 1 画 す 爪 ケ [ ン ロ : 富 く japanese_name 日 ⅵ ′ に ヒ リ リ タ マ [ 0 ⅱ コ イ し M 印 0 気 は 宿 雪 e メ ノ ク ラ ケ に コ イ キ ン ク du 生 コ タ ッ ク 60 に u 取 ゴ ル タ ッ ク W ヨ n れ ワ ン リ キ ー M r ミ ニ リ ュ ワ 0 。 純 k 誂 を ト ク ク ラ ケ Sh を Ⅱ d を r シ ェ ) し タ ー Tosakinto ト サ キ ン ト N ) 0r0m0 ニ ョ ロ モ 、 ent & u ー 0 当 ケ ン タ ロ ス 00k00 ロ コ ン N ) 0r0 ~ 0 ニ ョ ロ ゾ on Ⅵ 起 オ ム ナ イ ト A 幻 m ア ズ マ オ ウ に し タ ッ ツ - 住 0 で も よ ( 土 当 画 す 第 ぐ そ れ ぞ れ 土 や す い み す す 土 0 い ツ 40 4 る 物 第 ヨ 9 80 物 ヨ 26 物 ヨ 6 宿 4 1 何 は 画 す 以 外 を が 0 亠 09 100 は も に な い typel れ ヨ : ′ Water W 砂 : を 「 W 砂 : を ! 新 p 配 PO 宿 00 Null Null Water 10 は み す が 多 い が TC デ ~ は " て ん き ■ た っ た 出 境 可 数 団 : 00- 団 1000- 団 10000- ユ 000 20 , 00 30-00 70 ℃ 0 日 0-00 物 8030 物 90 , 00 40P0 5000 % 00-00 水 出 現 第

     

     

    Tableau Publicへのリンク:

    https://public.tableau.com/profile/hajime.komatsu#!/vizhome/_6601/sheet0?publish=yes

     

     

    §4.チームLENOVO

    (Kimura Yoshihito さん、 Hayashi Shusaku さん、Kuraiyama Asami さん)

    個 人 ク イ ン タ ラ ク テ イ ブ 系 果 物 を 通 し て 、 な ん と な く メ ン ト の 趣 味 や 個 性 加 が 、 こ の 段 階 で は 、 分 析 に 統 一 感 ・ ス ト リ ー か

    ポケモンの属性を身長、体重、BMIの視点で比較分析いただきました。

    架空世界のポケモンの身長に相応する実世界に存在する動物との比較対比いただきました。

     

    十 ケ モ 冫 の 第 長 長 ) を 第 世 物 の 動 を と 比 へ て み ま し た ! い す れ ド 第 し 「 , 講 み ケ モ ン と 第 当 を 動 「 を 比 1. : み 糺 蛉 . ー 下 に 第 駅 し た 第 ケ [ ) た 腱 ロ し 檀 の 新 新 が ~ れ ま す 0 当 メ - ト ル 以 下 を 、 (. ケ に つ て 外 と リ に し い バ ト 第 ) て , を れ を れ の ケ を ン の 大 さ ~ な を て て を よ わ . — 円 : 三 叡 ニ つ ジ づ : ′ き さ の 謝 [ ) れ ト 第 さ 0 ( い ま は : を 強 な 第 ノ ( い 当 の 00 宿 い ぐ し れ 新 を 身 長 に 長 ) が 0 る メ - 0 を ケ モ 第 豐 ⅱ 新 0 を 学 を ・ 0 ・ ふ を し d も 0 い 豊 こ 辷 ニ & 三 - な 第 ミ し ( ら し 0 長 ( を ) の 第 55 ~ E ( ラ ブ ラ ト - ル し ト リ バ - ) 第 ま 物 . 、 エ ー ) ン ~ ル 0 っ 」 な ど 」 : 1 さ に : い 当 宿 第 ! 工 物 ⅸ ど を を そ れ 、 ′ は 1 リ ・ 】 、 ] % の 、 ら は ・ を : メ - ト ー し は と ・ 当 を の 一 訒 ー て と - 品 、 に 4 っ : き ( ・ な 当 - 第 つ 行 第 、 ′ : ・ 第 プ ら - イ メ の を は ア ア ミ 「 一 ろ ) ! い 一 ) れ て い 当 . 物 ・ に 、 て る : め : 4 ( ・ は と を ら 人 1 ヤ 、 上 化 に

     

    https://public.tableau.com/profile/s.hayashi#!/vizhome/shared/FQN5WS9ZK

     

    ポケモンは進化したら体重が増えるのかという疑問から、ポケモンの成長段階に応じて体重がどのように

    推移するかを分析いただきました。

     

     

    ポ ケ モ ) ” 体 重 ” に つ い て 調 べ て み ま し た 一 を 引 1 ら ケ [ ン : 第 們 工 に 体 第 1 ) ホ ク モ ン の 36 % は 3 段 階 進 化 す る 2 ) 進 化 し た ら 体 重 は 増 え る の ? : 段 階 化 を - 第 ケ [ ン 、 ケ - ム 度 を 初 て も ら 戈 る ケ [ ン : 141 特 に 第 3 段 階 に 進 化 し = た 時 の 体 市 の 加 度 が 295 体 昌 し は う で す ( 36 鈴 ) に 療 、 バ う つ は 影 す 既 御 三 家 ホ ケ を ン は 、 全 体 平 均 と 近 し け が わ す 2 ま 化 巨 に り ま 1 382 は レ ・ 3 ) 御 三 家 ポ ケ モ ン け - 物 を 竓 ン の 成 長 曲 線 を 見 て み た い ( 三 一 を ま 、 ↓ - 島 な 本 を よ 4- 物 、 本 は 第 よ 第 第 よ を プ リ ロ )

     

     

    https://public.tableau.com/profile/yoshihito.kimura#!/vizhome/DatathonWS/StoryBook

     

    ポケモンのBMI分布から自分と似たBMIのポケモンを見つけるという試みに挑戦いただきました。

     

    :loser to уоиг ВМ1 is... Нефе „21,0

     

    https://public.tableau.com/profile/s.hayashi#!/vizhome/TableauJapanDatathonteam3hayashipart/TableauJapanDatathonteam3hayashipart

     

     

    また、「良好なBMI を持つポケモンは

    (Good Lookingなので)子供達の支持も高いのではないか?」 という仮説をもとに、ポケモン人気度と

    相関の高い属性の相関関係を分析する中で、ノイズデータの除去の大切さを指摘いただきました。

    また、お子様からの実際にヒアリングされた結果「伝説、強い、レア、カッコいい、可愛いが大事とのことです!」と

    の的確なコメントを得ることができ、データ分析結果を現場検証するこのの重要さも示唆いただきました。

     

    相 関 H 町 ョ 局 い b350- tot 可 ・ 0444926486 印 - ヨ 置 k ・ d40239661 」 に g に nd 」 Ⅳ -0-39 [ 19316 capture_rate 0-3517598 speed -0344574786 sp_defense ・ 0336356521 3 k ・ 住 283997417 he を は - m ・ 025453094 (') -0-250504062 weight_kg -0 夐 2327835a defense 、 住 167022259 BMI 012187818 い pericn ( 0- g 「 cm 物 ・ 0 ユ 09661741 日 M ー 差 0-103315914 g [ n に 00n -0 工 0846155 相 関 H 低 い 相 関 の 高 い 順 に 並 べ る と こ ん な を じ 。 〃 能 力 値 の 高 い ホ ケ モ ン や 〃 伝 説 の ホ ケ モ ン ″ は 順 位 と 高 い 相 関 を 示 す ( 人 気 と 関 係 が 濃 い ) 〃 BMI 値 ″ は 順 位 と 低 い 相 関 を 示 す ( 人 気 と 関 係 が 薄 い )

     

     

     

    §5.Team3Days

    (Hayashi Naoyuki さん、Ishikawa Yasushiさん、Sugiyama さん、Maruyama Tsuyoshiさん)

    「3日で効率的に強いポケモンを集めるにはどうしたらよいか?」というテーマをもとに、ポケモンの

    強さの定義、強いパーティの組み方、またそれらのポケモンを効率的に集めるためにはどのような

    アクションを取ればよいかというアクションの提言まで落としこんでいただきました。

     

    モ ン ス タ ー デ ー ラ D 属 一 生 ご と の ⅱ 1100 an こ 2 属 性 の 相 性 新 新 し 0 M を ま ・ 、 1 - 行 ー を い い 新 第 ー 0 ー 0 M ・ n ・ 0 気 コ , ・ cp x 捕 ま え や す さ ( 出 現 回 数 x 出 現 時 昔 x い 第 u 「 e Rate) い い ー 0 ー 0 第 第 Med n 、 の 、 第 第 り イ リ 1- : 、 「 ミ い 朝 新 第 新 新 い い い ー 0 M ・ ま 戸 を 1 靆 - p 卵 ( ト に い 新 新 第 い 凵 第 第 新 新 い 新 ー 0 ー 0 い Med ・ n ・ 0 は 0 物 ( ) ス リ -. な 行 0 、 : い 新 い 第 い 新 い い 0 0 第 い M を 一 ・ 門 ・ - ど k を タ と - 非 ( ー い 第 新 第 0 第 0 い 天 気 / 地 形 / 時 誾 帯 の 傾 向

     

     

     

    に す る ポ ケ モ ン を 決 め る / ヾ ー ア イ の コ 丿 相 性 の 悪 い 相 手 を 補 完 し あ う 比 較 的 CP が 高 い 比 較 的 捕 ま え や す い 狙 う ポ ケ モ ン 属 性 弱 点 メ リ ッ ト CP が 高 い 割 に 捕 ま え や す Fi re に 弱 い カ イ ロ ス Bug い 水 属 性 Fire 属 性 に 強 い Water Grass 、 Electric に キ ン グ ラ ー Water 属 性 は CP の 高 い ポ 弱 い 当 ゴ ル ダ ッ ク ケ モ ン の 出 現 が 多 い ア ズ マ オ ウ な ど ェ ス パ ー 属 性 Psychic Grass, Electric に 強 い Bug に 弱 い ユ ン ケ 、 ラ ー ( お 互 い に 弱 い ? ) CP の 高 い ポ ケ モ ン の 出 現 ス リ ー プ が 多 い

     

     

     

    行 く べ き 時 間 と 場 所 を 考 え る 狙 う ポ ケ モ ン カ イ ロ ス 水 属 性 キ ン グ ラ ー ゴ ル ダ ッ ク ア ズ マ オ ウ な ど ェ ス パ ー 属 性 ユ ン ゲ ラ ー ス リ ー プ 属 性 Bug Water Psych ic メ リ ッ ト CP が 高 い 割 に 捕 ま え や す い Fire 属 性 に 強 い Water)ä 性 は CP の 高 い ポ ケ モ ン の 出 現 が 多 い Grass, Electric に 強 い CP の 高 い ポ ケ モ ン の 出 現 が 多 い 現 天 気 、 時 間 に か か わ ら ず Urban&BuIid Up Urban&BuimId Up 雨 の 場 合 は 夕 方 ~ 夜 に 水 辺 に 多 く 出 現 Urban&BujldIJp 雨 の 場 合 は 夕 方 水 辺 に 多 く 出 現 弱 点 Fire に 弱 い Grass 、 Electric に 弱 い Bug に 弱 い ( お 互 い に 弱 い ? ) Recommended Action 1. 郊 外 に 行 く よ り も 、 都 市 部 を 動 き 回 る 2. 雨 の 場 合 は 夕 方 以 降 水 辺 へ 移 動 す べ し

     

     

    Tableau Publicへのリンク 

     

    ダッシュボード

    https://public.tableau.com/profile/otupython#!/vizhome/4_Occurence_0/DashBD1?publish=yes

    分析シート

    https://public.tableau.com/profile/yasushi.ishikawa#!/vizhome/4_Occurence/sheet0

     

     

    投票の結果、入賞チームは

     

    1位: チームLENOVO

    2位: Team3

    3位: Team3Days 

     

    となりました。

    我々の不慣れな運営と無茶ぶりにお応え頂き、本当にありがとうございました!