2 Replies Latest reply on Aug 24, 2017 7:09 PM by Tomoyuki Ishii

    Tableau Readerのバージョンによってレイアウトコンテナの挙動が変わるのなぜでしょうか?

    Tomoyuki Ishii

      Desktop_sample3.png

       

      Tableau Desktopにて上記のようなアクションフィルタを設定し、選択項目をクリアした結果は「すべての値を除外」とすると、

      意図した通り下記の①にて「案件名」をクリックすることで、②のように①の下にその案件の詳細情報を開くという挙動をします。

      これはレイアウトコンテナを利用して高さを自動に設定する方法で実現しています。

       

      Desktop_sample1.png

      Desktop_sample2.png

       

      しかし、このtwbxファイルをTableau Reader10.2以降で開くと、②のような詳細情報が表示されません。

      具体的には案件をクリックしても、詳細情報のレイアウトコンテナの高さが自動で変更されず、詳細情報が表示されない形です。

      なおTableau Reader10.1では問題なく高さが自動で変更され、Desktopの同様に表示されます。

       

      Desktopのバージョンは10.1.5を使用しています。

       

      Tableau Readerのバージョンによってレイアウトコンテナの挙動が変わるのなぜでしょうか?