4 Replies Latest reply on Sep 13, 2018 3:06 AM by Kosuke Kikuchi

    特定条件下での集計について

    Kosuke Kikuchi

      Tableau Community の皆さま

       

      いつもお世話になっております。菊池と申します。

       

      今回ご相談させて頂きたい内容は以下です。

      サンプルを使って、Tableau上でやらせたいことと、

      それに対する計算式を作成してみたので、この計算式で合っているのか、

      それとももっと別のやり方があるのかご教授頂きたいです。

       

      ○やらせたいこと

       

      「割引有無」が ”割引無” かつ 「イベント」が ”無し” に合致するレコードのみ

      会員IDごとの金額を集計したいです。

       

      ○作成してみた計算式

       

       

      値としては取れているように思えるのですが、

      使い方によっては留意しなければいけない点などが私個人だと思い浮かばず、リスクはなるべく回避したい想いです。

      (知識不足ですみません。。)

       

      お忙しいところ大変恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

        • 1. Re: 特定条件下での集計について
          LM Seven

          どうもLM-7です。

           

          特に問題はないかと存じます。

           

          使い方によっては留意しないといけない点としてはFIXEDの話として、

           

          1) FIXEDはディメンションフィルターよりも先に動きます。

          そのため、カテゴリフィルタをつけて、小物を外してもFIXEDの金額は変わりません。

           

           

          2) FIXEDの金額をディメンションフィルタによって変化させたい場合には、フィルタをコンテキストに追加します。

          そうすればコンテキストフィルタがFIXEDの計算よりも先に評価されるために、フィルタが効きます。

           

          あとは特に思いつきませんが(識者見解求む)、Dの数字が空欄になっているのが気になるので、

          FIXEDの式、NULLじゃなくて0にしたほうがいいのでは無いでしょうか?

          1 of 1 people found this helpful
          • 2. Re: 特定条件下での集計について
            Shinichiro Murakami

            ○やらせたいこと

             

            「割引有無」が ”割引無” かつ 「イベント」が ”無し” に合致するレコードのみ

            会員IDごとの金額を集計したいです。

             

            上記に対して、

            それに対する計算式を作成してみたので、この計算式で合っているのか、

            それとももっと別のやり方があるのかご教授頂きたいです。

             

            ということに直接答えると、「LODなんて要らんでしょ」ってのが回答になります。

            コンテキスト云々も気にする必要はありません。

             

             

            しかしながら実際は、LODを使用する必要があるのは、

            『会員IDごとに集計した金額』を使って、さらに何かをしたいときです。

             

            いま、その情報(LODを使って何をしたいのか)がないので、何が正解かは分かりません。

            LM-7さんが言われている、NULLかゼロ かの話も根幹は同じです。

             

            Thanks,

            Shin

            • 3. Re: 特定条件下での集計について
              Kosuke Kikuchi

              LM-7さん

               

              ご返信ありがとうございます!

               

              2) FIXEDの金額をディメンションフィルタによって変化させたい場合には、フィルタをコンテキストに追加します。

              そうすればコンテキストフィルタがFIXEDの計算よりも先に評価されるために、フィルタが効きます。


              →なるほど、改めてFIXEDとフィルタの優先について理解が深まりました!
               今回の意図としては、「フィルタで表示制限はかけるけど、集計についてはフィルタ制限を無視」したかったので

               1)の方法で問題なさそうです。ありがとうございます!

               

               

               

              あとは特に思いつきませんが(識者見解求む)、Dの数字が空欄になっているのが気になるので、

              FIXEDの式、NULLじゃなくて0にしたほうがいいのでは無いでしょうか?

               

              →仰る通りです。考慮漏れておりました。。ありがとうございます!

              • 4. Re: 特定条件下での集計について
                Kosuke Kikuchi

                Shinさん

                 

                ご返信ありがとうございます!

                 

                しかしながら実際は、LODを使用する必要があるのは、

                『会員IDごとに集計した金額』を使って、さらに何かをしたいときです。

                 

                いま、その情報(LODを使って何をしたいのか)がないので、何が正解かは分かりません。

                LM-7さんが言われている、NULLかゼロ かの話も根幹は同じです。

                 

                →私の説明不足でした。大変失礼いたしました。。

                 計算式の意図はまさにご指摘頂いている通りで、「会員IDごとに集計した金額」を使って

                 判定フラグを使おうと思っていました。

                 

                 本来意図しているケースを説明しきれておらずすみません。

                 以後気をつけます!