1 2 Previous Next 18 Replies Latest reply on Aug 9, 2018 8:04 AM by Yuichi Watanabe Go to original post
      • 15. Re: 計算行の追加について
        kouroku56

        HIDEKI OGAWA

         

        お忙しいところご返信いただいて恐縮です。

        Prepはあいにく利用できないようで...

         

        また、現在VR環境でTableauを運用しており、私のローカルにはTableau Publicしかございません。

        そのせいか、添付していただいたファイルが開けない状態です。

        「要求されたワークブックがTableau Publicに存在しません...」のエラーメッセージが出力されます。

        ほかの方にせっかく添付していただいたファイルもそのような状況でありまして、

        これはPublic環境では仕方ないことなのでしょうか。

         

         

        • 16. Re: 計算行の追加について
          Hideki OGAWA

          Tableau Public使ったことないので知りませんでした。たしかにローカルのワークブックも使えないみたいですね。

           

          良く考えたらピボットはDesktopでもPublicでもできるので、使いたい指標関係を一式ピボットで縦持ちにして、

           

          Valueを先日のSalesと同様の計算を行い、Measuresで切り分ける、ということになります。

          ご参考まで、Prepで処理したExcelのデータファイルを添付します。

          使いたい帳票の形に合わせてデータソースを複数持つことにはなってしまいますね。

          • 17. Re: 計算行の追加について
            kouroku56

            Yuichi Watanabe

            Yuichi Watanabe  様

             

            私の環境のせいなのかもしれませんが、アップロードしていただいたファイルが見つかりません。

            せっかくご教授いただいたので、ファイルを拝見したいのですが...

            閲覧環境はchromeおよびMicrosoft Edgeです。

            ログインして拝見しているのですが、アクティビティをすべて表示してもファイルが見つからないのです。

            どのようにすれば閲覧できるでしょうか。

             

            ひどく基本的なことをうかがうようで恐縮です。

            • 18. Re: 計算行の追加について
              Shinichiro Murakami

              インボックスからは添付は見えません。元の投稿からポストを開いてください。

              っていうか、それはさすがにご存じですよね。

              同じファイルを添付しなおしてみました。

               

               

               

              Shin

              • 19. Re: 計算行の追加について
                Yuichi Watanabe

                すみません、返信が遅れました。

                 

                >MURAKAMIさん

                代わりに再送付いただきありがとうございます。

                お手数おかけしました。

                 

                >kouroku56さん

                Tableau Publicをお使いとのことで、せっかくなのでそちらにも上げました。

                ご確認いただければと思います。ワークブックもDLできるよう設定しておりますのでご参考まで。

                → <Tableau Public >

                1 2 Previous Next