パッケージワークブック(.twbx)からデータソースを回収する方法

Version 1

    パッケージワークブック(.twbxファイル)は下記2つから構成されています。

    ・データへの接続定義やワークシート・ダッシュボードの設計図が入っているXMLファイル

    ・データソース(エクセル、抽出ファイル、その他)

     

    拡張子を「.twbx」から「.zip」に変更してからファイルを開くと

    上記が別々に格納された状態で確認できます。

     

    参考ページ: Can not Unpackage a .twbx file